新築・リフォーム

保育園

京都の町家で暮らす

仕様

空気がうまい家 新築古民家 京都の町家仕様

構造

1階、2階吹き抜け

所在地

愛媛県松山市

完成年

2020年

きっかけ

母屋の隣りの敷地に2世帯用の増築をお考えでしたが、空気がうまい家®を知って頂いて新築をして頂くことになりました。
毎日お孫様が遊びに来てくれる健康な空気で落ち着いた空間をデザインしています。

特長

1階の奥にまで2階の南面の採光を届けるため階段の吹抜けを作り、京都の町家のような間取りで採光をとる工夫をしました。
玄関を入ったときに見えるスケルトンの階段の垂木の太さ、おやじ柱、オビ杉の赤身4寸柱、なにをとっても圧倒的な凄さです。

タカラホーローのキッチンも最高級グレード、なおかつ天然石93%クオーツ入りのフラット天板が鎮座しております。
家自体が高級キッチンに負けていないので、高級キッチンだけが浮いてしまうようなことは有りません。

1階の和室は畳の中に手作業で竹炭をたっぷり入れ込んだ〝竹炭入り清活畳®〟、縁なし琉球畳が軽やかな和モダンを演出しています。2階の全体が吹抜けがある家はコージーベースの特長であり、その解放感は特別なものがあります。

2階の欄間は昔の家を壊された時にとっておいた欄間を再利用しております。この欄間は濃い飴色に輝いていますが、この家全体の音響熟成®木材も時代の経過とともに欄間の飴色に追いついていくことでしょう。

動画

『まっすんの陽あたり良好』のTV放送の番組で紹介されました。 

2020年3月14日放送分