• cozybase

【自然素材注文住宅】ハッピー思考術|夢や目標はないと駄目なのか!?


ハッピー思考術 夢や目標はないと駄目なのか!?
ハッピー思考術 夢や目標はないと駄目なのか!?

【自然素材注文住宅】ハッピー思考術|夢や目標はないと駄目なのか!?


コージーベースにお越し頂く方の相談は注文住宅に関すること以外にも多くあります。お子様の将来の進路について、社会人になってからの相談などなど。愛媛県松山市以外の方でも家を買って健康被害に遭った方のご相談もお電話で対応しています。


目次 

1.子供の頃の夢は続いていますか?

2.人生に目標など必要ない

3.道のりを歩んでいたときに見えた景色

4.一生懸命にやり遂げることを目標にする


夢も目標もないダメな人間なんだと寂しそうにこぼす人がいます。それは果たして本当でしょうか。夢や目標がないのは良くないことなんでしょうか。


1.子供の頃の夢は続いていますか?

子供の頃、宇宙飛行士になりたい、サッカー選手になりたい。そんな夢って続いていましたか。どっかで途切れてましたよね。もし、続いていたらその人はその道程が楽しかったのです。夢や目標人生設計の類はその道程が自分に合って楽しくなければ続かないものなのです。今月中に温泉に行きたいなとか短期的な夢ならば叶うのですが、5年後や10年後にどうなっていたいかという未知数の先は不明。成り行きに任せておいた方が気持ちも楽だし、実際は成り行きに任せているのではないでしょうか。


成功している友人などを見ていると、毎日遊んでいるような人が多いように感じます。成功したから遊んでるんだろうと思ってる方が多いと思いますが___実際はそうでない気がしています。「楽しんで 遊んでいたから成功してる。」 最近はそう思えています。


「よくも、あそこまで上り詰めたよねぇー」と思える方々とお話しをしてきて感じることは、本人は楽しいのです。しかし周りから見ると、 あんなに険しい山に登ったよね。

本人に言わせれば「蝶々を追っかけていたら知らない間に山に登ってた」そういう方が多いように思います。


ビジョンが全くない、目標が立てられない、未来はどうなるんだろう。そんなことを考える必要なんてまったくないのです。「未来は未知数」そういうものですから、そこの部分は未知数にしておいた方が楽しいのです。


2.人生に目標など必要ない


人間には夢や目標がないといけませんなどといつ誰が決めなのでしょうか。夢がある人を羨み自分にはないことを悲観するんじゃない。結果は神のみぞ知る。後ご期待として生きるほうが確かに楽しいですよね。


「普通の人のサラリーマン一生分を1年で成し遂げる。」そういう目標でスピード・サラリーマンを30年やってみて分かったことは、人生はオムニバス小説、いくつかの独立したストーリーを並べて、全体で一つの作品にしたも。1年毎その一つ一つに 勝手にドラマが組み立てられていく、そんなものだったと思います。1年ごとにゲームのリセットボタンを押してやり直す。リセットボタンを押して寝て、朝起きて新しいゲームを始める。そう考えればいいんですよね。


人間が頭で考えて目標を立て無理にそれに向かって進んで行くと、それがプレッシャーになって疲れた道のりを歩むことになる。そんな道のりなんて歩む必要なんて全くないんです。1年1年のオムニバス小説を書いていけばいい。今この時点で未来を思いつくことなんて結局は大したことはないということ。 未来なんて嫌でもくるんだから目標とか立てずに適度に放っておく。行き先はオープンチケットということにしておいて、行き先も出発時刻も決めておかない。楽しいことやって、夢にも思わない面白いことをワクワクしながら待つ。目標にしてないから来たラッキーは幸運、自分って運がいいなぁ~。そう思える道のりが楽しいと思います。


3.道のりを歩んでいたときに見えた景色


サラリーマンもやって、公務員もやって、教育の現場にも携わり、目の前に来たものは全て全力で行ってきた自分ですが、自動的に起業することになっています。自動的なんです。夢や目標は持ち主と一緒に絶え間なく変化し成長していくのではないかということ。


自分の気持ちや環境は常に変わっていくのに過去の目標にしがみついて帳尻を合わせる。それって企業の目標管理制度と同じようなもので他人に管理されて自分にとっては価値のないものです。企業の中長期計画なんて昔は5年10年だったスパンが今は2年3年、あるいは今年と来年くらいしか計画が立てられないそんな激動な世の中です。


なので重要なことは目標を立てることではなく、その道のりを歩んだ時に見た景色。そこでどう判断してどのように歩んだか、その判断は正しかったのか、または違う道を歩んでたらどうだったんだろう。その振り返ること大切なように思います。なので目標なんて厳密に考えることなんて不要で悩むことなんて必要ないんですよね。 多少ぼやけた目標の方が良いように感じています。


4.一生懸命にやり遂げることを目標にする


野球で甲子園に行くぞ、ラグビーで花園に行くぞ、サッカーで国立競技場に立つぞ。そういう目標に向かっていく姿こそ自分にとってかけがえのない美しい時間だった。目標が大事なのではなくその道程でのプロセス、その時の生き様が自分にとって充実した時間なのです。目標に到達しなくても目標として仮置きしておいて実際には目先を一生懸命走ることを目標にしていく。


実際には苦しんでもがいていた中の方にこそ楽しみや遊びってのがあります。それ怠けるってとかじゃなくて、脳から身体までの全精神力を注いて夢中になってやっていく中に楽しみのドーパミンが出てくるんです。なので、目の前にあること、くだらないと思えることでも、「一生懸命にやり遂げることを目標にする」にしてみると楽しい未来が待っているように思えます。



愛媛 松山の自然素材 注文住宅のファーストクラス

「 健康性能で選ぶ木の家 コージーベース」

 

≪記事執筆者≫


コージーベース株式会社

代表取締役 松本好司


愛媛県松山市生まれ。

富士通に在職中は社長表彰をはじめ26年間で28回の経営表彰を授与。

その後、広島県庁の特別職として経営企画アドバイザー、国の研究機関のプロジェクトマネジメントアドバイザー、公立大学の経営大学院(MBA)の新設などの公的職務を歴任。

その後、建築学科がある学校法人の顧問、専門委員などに就任し、科学的知見をもって健康で安心な保育園の設置アドバイザー、健康自然素材の健康住宅の事業を行っています。



(施工エリア)松山市 伊予市 松前町 砥部町 東温市 今治市 西条市 内子町 大洲市 八幡浜市 鬼北町 西予市 宇和島市



 





閲覧数:52回

関連記事

すべて表示
「木のお家」ギフトBOX

「木のお家」ギフトBOX

健康自然素材の暮らしが知りたい方へ