• cozybase

【新築注文住宅】木の家には毒がある理由

更新日:10月6日

自然素材、木の家、無垢材の新築検討は、健康とか、安らぎを求めている。

しかし、現実はそうではない。ほぼ全ての木材が防蟻防虫処理を注入する処理をしている。

その毒性について調査研究をした研究論文があるので、ご紹介します。

住宅会社が説明しない不都合な事実。
木の家には毒害ある

【新築注文住宅】木の家には毒がある理由


〈目次〉

1.住宅環境に用いられる木材の危険性

2.住宅購入者を騙す“無垢”という言葉

3.無添加・無塗装・ノーワックスの木材



1.住宅環境に用いられる木材の危険性


通常、住宅環境に用いられるは処理木材(KD木材)と呼ばれているものが使われている。化学物質を注入した木材の危険性について動物実験をした研究論文がある。


処理木材から揮散する蒸気を吸入した場合の毒性 ,処理木材に接触した場合の毒性などを長期に渡り実験動物で研究し内容は以下の通りです。


(飼育期間90日・空気換気量は同じで比較)

☑ 炭酸ガス人体に対する許容量5,000ppmに対して、7,000ppmに達した。

☑ マウス実験においても、ストレスが大きいと推察された。

☑ 肝臓、膵臓、睾丸の増大が確認された。

☑ 立毛が著しくなる、涙目、まぶたを持ち上げる筋肉が弱まる。

☑ 肝臓・膵臓・心臓・肺の皮膚に充血が多い。肺はうっ血が認められる。

☑ 経口すると体を強打するなどの異常行動があり、脳に異常が推定された。

☑ 経口すると呼吸不全、下痢の症状。

☑ 化学物質同士の相乗効果で刺激が強くなった


当然ながら、化学物質処理をしない木材の方が生物が住む環境に適している実験結果が出ています。 国立国会図書館でデジタル公開されているから、誰でもインターネットで調べられます。


文献引用  木材防腐防虫剤の毒性に関する研究(第2報) : 防腐防虫処理木材の安全性(化学物質)

(財)北里環境科学センター 井上 嘉幸



松山市内に新築で家を買われた方のお話し

新築の家を買って体調がおかしくなっていることに気が付き、ある日突然、わずか3ヶ月で普通の生活が出来なくなったと言われる方からお電話を頂いた。このマウス実験でもある通り90日で変化が現れている。外出時は毒ガスマスクを着用して普通の生活が出来ない状態となっている。県外の専門病院に通われているが、これでも中症の患者だそうだ。
化学物質過敏症と呼ばれる病気で治す薬がない。ほとんどの人は心療内科へ行って精神病の薬を投与されている。化学物質は放射能と同じで目には見えない。町の至るところに心療内科が増え続けている状態から、何か起こっているかは、自分自身で考えないといけない。この方は、家の化学物質が8割、香り付き柔軟剤などの影響が2割と自己分析をされていた。
『この家を買って私の人生がボロボロになりました。』という実話は後をたたない。


2.住宅購入者を騙す“無垢”という言葉


建設業界の〝無垢〟という言葉は、世の中の〝無垢〟とは異なる。

日本語の〝無垢〟とは、混じり気の無いという意味だが、建築業界では木材をチップ化したり繋ぎ合わせたりした新建材以外であれば全ての木を〝無垢〟と呼んでいる。 そのような化学物質注入木材に対して、更にワックスや塗料を注入させても〝無垢〟と呼んでいる始末が悪い業界だ。

化学物質を添加した木材は何年かすると、焦げ臭い酸っぱい臭いがしてきます。

乾燥方法を指定した木材を使わなければ、人体への影響がある。

木材は産地ではなく、乾燥処理の方法の方が重要だ。

3.健康に良い木の家の選択肢は1つ 無添加・無塗装・ノーワックスの木の家


木材に添加する化学物質の安全性が証明されていません。健康を維持する家を建てるためには、化学物質を使わない木材を使う選択肢しかあり有り得ません。 コージーベースが、無添加・無塗装・ノーワックスにこだわった宣伝広告をしている理由は健康に害のない安心な暮らしの家を世の中に提供したいから。家具や下駄箱の棚に至るまで、無添加・無塗装・ノーワックスの音響熟成木材を使う。 自然素材のまま使う木材や材料は当然ながらお値段が高い。職人さんの協力や経営努力によって、少し無理をすれば買うことが出来るお値段で提供しています。

私が松山に戻って建設業を始めた目的は、家を売ることが目的ではなく、健康で安心して暮らせる家を提供する会社が必要だと思ったから。世直しのため頑張っています。


≪記事執筆者≫

コージーベース株式会社

代表取締役 松本好司

松山市生まれ。富士通に在職中は社長表彰をはじめ26年間で28回の経営表彰を授与。

その後、広島県庁の特別職として経営企画アドバイザー、国の研究機関のプロジェクトマネジメントアドバイザー、公立大学の経営大学院(MBA)の新設などの公的職務を歴任。

その後、建築学科がある学校法人の顧問、専門委員などに就任し、科学的知見をもって健康で安心な保育園の設置アドバイザー、健康自然素材の健康住宅の事業を行っています。


愛媛県で新築注文住宅をご検討の方、漆喰と無垢の木の家についてお知りになりたい方は、いつでもお気軽にお電話ください。約2時間あれば、簡単に一通りのご説明は出来ます。

資料請求もホームページから承っております。



38回の閲覧

関連記事

すべて表示