top of page
  • 執筆者の写真松本 好司

【愛媛県松山市】健康住宅専門のリフォーム

愛媛県松山市:健康住宅専門のリフォーム


コージーベースは、愛媛県で唯一、創業以来、健康住宅の注文住宅を建て続けています。家を買って健康被害に遭われた方のリフォームや、リフォームをして健康被害に遭われた方の新築注文住宅も手掛けています。


脳神経に影響がある化学物質を住宅建材に使うから発達障害の子どもが増える訳で、発がん性物質を使うからガン患者が増えるのは当然のことです。


健康素材専門のリフォームは、本漆喰と無垢材フローリングでカラダに優しい快適な暮らし!の選択です。1部屋からお見積します!


リフォーム途中、リフォーム後は、室内の空気が変わっていることが体感できます。

観葉植物が枯れなくなりました。
【効果】健康リフォームで健康な空気に変化

自分の家族の体を守るためには、知識が必要です。


一般住宅用の建材が安全とは言えない理由


世界では4000種類の化学物質が健康に被害があると認められています。日本ではわずか300種類。建築基準法に至っては、たった2種類しか規制されていません。


住宅建材に含まれる化学物資の影響で様々な健康被害が発生し続けています。極度の方は化学物資過敏症と言われる病名となり、少しの化学物質を吸うだけで命に関わるアナフィラキシーショックを起こす、普通の社会生活が困難になっている人もいます。


今住んでいて何も起こっていないから大丈夫ではなく、毎日、微量の化学物質を吸い続けた結果、ある日突然、化学物質による健康被害が発症するようになります。


2003年にシックハウス法が定められてから20年経ちますが、20年間もの間、法規制はなにも進化していません。その一方で、新しい化学物質は年に千種類以上も作られ続けています。



〈目次〉


 

1.住宅リフォームが原因で発症


原因の8割が住宅リフォームや、新築を契機に発症しているという化学物質過敏症の専門医のデータもあります。また、健康被害の8割が女性になっています。


多くの方が、健康被害の原因が化学物質にあると分からないまま、気が付かないまま、慢性疾患の投薬治療をしているケースがあります。うつ病などと同じ症状や、倦怠感、やる気が出ないなどの症状で心療内科へ通っているケースもあります。心療内科の投薬を続けた結果、治らず益々、酷くなって行く人も見てきました。家が原因であれば、医者は治せません。家を治すしか無い訳です。


具体期には家からの化学物質の放出を止めて、体内へ化学物質を取り込む暴露する量を減らすことが健康を取り戻すための効果的な方法になります。


リフォームをするなら、化学物質住宅にしない選択肢があります。化学物質や花粉症の原因物質を自然の力で吸着分解する幻の漆喰と、無添加の無垢材で健康に安心な住空間にリフォームします。


【化学物質過敏症の症状(一例)】※実際には人によって様々な症状がでます。

 ①皮膚症状

   アトピー、発疹、かゆみ、湿疹、赤みなどの皮膚の反応が起こることがあります。

   接触した部位の影響と、化学物質を暴露することでの体内変化でおきています。

    ②呼吸器症状

   化学物質を吸引したり接触した場合、咳、くしゃみ、鼻水、のどの痛み。

   呼吸困難などの症状や、重篤な場合には喘息の発作が起こることもあります。

 ③脳神経への影響

   頭痛やめまい、記憶力の低下、集中力の欠如、情緒の変化などが報告されています。

        睡眠の質に影響を与えることがあり、睡眠障害が起こる人もいます。




2.壁の健康リフォーム(効果事例)


「壁のリフォーム」は、最も効果があります。化学物質や花粉症の原因物質を吸着分解する幻の漆喰でリフォームを行います。リフォーム途中で空気が変わっていくことが分かる内容になります。

最近の多くの家はビニールクロスを貼っています。ビニールクロスには「F★★★★」マークが付いたフォルムアルデヒドが少ない基準の製品が使われています。しかし、フォルムアルデヒド以外の化学物質規制はしていません。また、ビニールクロスを貼っるためのボンドは規制対象外となっています。


コージーベースでは、自然素材の下地材を塗って壁から出る化学物質を止める施工をしています。この状態で十分に化学物質を止めている効果が出ています。実際に化学物質過敏症の方の家にこの下地材を塗っただけで化学物質が止まっていることを確認して頂いています。

自然素材の下地を塗ってから、「幻の漆喰」を塗っていきます。



◆10台以上あった「空気清浄機」が不要になった事例(愛媛県松山市)




◆「幻の漆喰」リフォームで健康な空気が分かる家になりました(愛媛県松山市)





  


3.床の健康リフォーム


保育園や公共施設においては、床から30cm、60cmの化学物質濃度測定を行い、厚生労働省の基準値以下でなければ使用を認めない条例を定めて子供の健康を守っている自治体もあります。 (東京、名古屋、横浜など)

床の上は化学物質の濃度が高く、その高さは赤ちゃんや、子供が呼吸をしている高さです。


なぜ、床の上の化学物質濃度が高いかと言うと、フローリングの上に塗るワックスの化学物や、床増しするために使用しているボンドで固めた合板材の上に薄いフローリング材をボンドで固めているから床上の化学物質濃度が高くなっています。


コージーベースの健康リフォームは、床から上がってくる化学物質を抑える施工をします。その上に無添加、無塗装、ノーワックスの本当の無垢材のフローリングを敷きます。

そのフローリング材は浮造りの凸凹加工を施して、足裏刺激で健康を増進させます。

冬はスリッパ無し、床暖なしで温かく生活ができます。





4.健康リフォームで変わること


化学物質濃度が極めて少ないと、リラックスする脳のアルファ波が一般住宅に比べて1.6倍も増えている研究結果が出ています。空気環境の満足度は1.6倍になっています。


化学物質による健康被害を防ぐたけではなく、日々の暮らしに落ち着きを感じます。本来の住宅に必要な機能とは、リラックスできる空間であることです。


★千葉大学予防医学センター 

 中山誠健特任准教授の研究グループの論文を動画にしました。




5.健康リフォームお見積り(料金体系)


施工する面積によって変わりますので、お見積りに伺います。

水回りのリフォームも行いますので、お気軽にご相談ください。


★壁の漆喰リフォーム

 天井にビニールクロスを貼っている場合は天井にも漆喰を塗っていきます。

 お荷物の移動や、エアコンやコンセントの数によっても変わります。

 

★床の健康リフォーム

 床の状況や、フローリングを貼る床材の状況を確認に伺います。



6.リフォーム後の空間ご見学


コージーベースのオフィス自体が、健康素材のリフォームです。

ご見学が可能ですので、お気軽にお電話ください。

6年経っても木の香り、健康な空気の違いを体感できます。



 

≪記事執筆者≫

コージーベース株式会社

代表取締役 松本好司

愛媛県松山市生まれ。富士通に在職中は社長表彰をはじめ26年間で28回の経営表彰を授与。その後、広島県庁の特別職として経営企画アドバイザー、国の研究機関のプロジェクトマネジメントアドバイザー、公立大学の経営大学院(MBA)の新設などの公的職務を歴任。建築学科がある学校法人の顧問、専門委員などに就任し、科学的知見をもって健康で安心な保育園の設置アドバイザー、健康自然素材の健康住宅の事業を行っています。


愛媛県で新築注文住宅をご検討の方、漆喰と無垢の木の家についてお知りになりたい方は、いつでもお気軽にお電話ください。資料請求もホームページから承っております。


(施工エリア)松山市 伊予市 松前町 砥部町 東温市 今治市 西条市 内子町 大洲市 八幡浜市 鬼北町 西予市 宇和島市




関連記事

すべて表示

留言


「木のお家」ギフトBOX

「木のお家」ギフトBOX

健康自然素材の暮らしが知りたい方へ

bottom of page