• cozybase

子供のアレルギーは化学物質の影響と考える理由【5つの対策】

更新日:2021年12月11日


小学生約1万1千人を対象にした2017年のアンケート調査(新潟県上越市が実施)では、回答児童の12・1%に化学物質過敏症の症状が見られました。化学物質過敏症は様々なアレルギーの症状がでます。一般診断でアレルギーとされているケースが多いように思います。


化学物質によって様々なアレルギーの症状がでます。
化学物質によって様々なアレルギーの症状がでます。

子供のアレルギーは化学物質の影響と考える理由【5つの対策】


この記事ではアレルギー改善の対策について、まとめました。


【目次】

1.アレルギーと診断される化学物質過敏症

2.日常生活で化学物質を暴露

3.アレルギー改善の5つの対策

4.大切な子供をもつ親御様へ


1.アレルギーと診断される化学物質過敏症


化学物質過敏症という病気と診断された方は、化学物質で様々なアレルギー反応を起こしています。一般診断でアレルギーとされているケースが多いように思います。

  

皮膚炎であったり、呼吸器系へのトラブル、その先には神経系などの問題が生じています。

化学物質過敏症を診れる医師は極めて少なく、多くの医師が見落としている病気です。

 アレルギーの根本的原因は、もしかしたら、化学物質の影響ではないか!? と疑ってみる必要があります。放置して、その人の化学物質許容量を越えると、化学物質に過敏反応をして普通の生活ができなくなります。