「まっすんの陽あたり良好」放送

最終更新: 5月18日

「まっすんの陽当り良好」で放送して頂きました。


松山市保免(R56号UNIQLO沿い)にあります「チアキッズ保育園」の施工事例です。


園児のために空気にトコトンこだわって、大規模リフォームで建てました。


保育園は、これから成長する園児が11時間あまりも過ごす場所ですので、園児の呼吸する室内空気は化学物質過敏症とならない安全な空気であるべきです。


空気の違いを映像でお伝えすることは不可能ですが、お母さまの声と、園児が落ち着いて椅子に座っているのをご高覧くだされば嬉しいです。




<園児のための空気へのこだわり> コージーベース標準仕様


化学物資を一切含まない「音響熟成」の木材だけを使用しています。

机や椅子やロッカーに至るまで化学物資を一切含まない「音響熟成木材」です。


フローリング材もワックスを使用しないで良い木材なので、床の低い位置で生活する子供が吸う空気も安全です。


壁には花粉や化学物資や臭いを分解する「幻の漆喰」を使い、断熱材には羊の毛を使い安全性と防音性能を両立させています。


「赤ちゃん基準の家造り」 が、コージーベースの標準仕様です。


<コージーベースが空気にこだわり抜く理由>


室内の空気には100種類以上の化学物質が含まれるとされ、シックハウス症候群や化学物質過敏症のほか、子どものアトピー性皮膚炎やぜんそくなどアレルギー疾患への影響も指摘されています。


建物の化学物質が原因で起こる化学物資過敏症(シックハウス症候群)に掛かると、様々な病気が発生して治療が困難な状態に陥ります。


国内で流通する化学物質は約6万7千種。毎年千種類ほどが新たに生み出されている状況ですが、人体への影響を十分に検査せずに使われています。


建築基準法では化学物質1品目しか規制を行っていない状態が続き、化学物質を室内から抜くための換気扇を付ければ良いとされています。


俗に言う新築の臭いというのは、化学物質の臭いです。臭いが抜けても化学物質は何十年も健康基準値を超えている状況が報告されています。


コージーベースには、一般住宅の空気の違いを比較する体感ルームがあります。

いつでも、体感が可能ですので、お電話かメールにてご予約ください。


電話 089-994-8901

mail info@cozybase.jp


CozyBASE

〒790-0042  愛媛県松山市保免中1-2-9 map

※建物奥に駐車場があります

Copyright ©2020 CozyBASE All Rights Reserved.「コージーベース / COZYBASE」は、コージーベース株式会社の登録商標です。