家にいる時間が長くなっています。家の空気を健康に!!



コロナ禍の今、家にいる時間が長くなっています。

家族の健康、子供の健康のため、消臭剤・芳香剤は使わないことです。

洗剤や柔軟剤の香りについも、同じことが言えます。

アドピー、ぜん息のお子様のいらっしゃる方は、ぜひご一読ください。


1.テレビ放送映像 新築ご検討の方が見て頂きたい放送映像

テレメンタリー2018「カナリアたちの叫び」化学物質過敏症


アドピーや、ぜん息、は室内の化学物質が原因に大きく影響しています。


北海道のパン屋さんのTV取材していますが、化学物質過敏症の研究が日本で1番進んでいるのは高気密・高断熱の家が多い北海道です。


北海道には化学物質過敏症を診断と治療をする病院があります。しかし、愛媛県はじめ他県では診断する病院がないため、症状だけをみて花粉症や皮膚炎、精神病の鬱病と診断されているケースが多くあります。健康被害がある根本的な原因を解決しない対処治療となっています。


当社も含めて高気密・高断熱の家を新築で建てるのが当たり前になっていますが、高気密・高断熱の家は室内環境で化学物質を使わない健康住宅が必要です。



2.空気がうまい家☆彡

「空気がうまい家」は、家の空気の健康安全を最優先にした健康素材で新築をしています。換気扇で室内化学物質濃度を下げる考えではなく、そもそも化学物質を使わない天然素材をそのまま使う。化学物質塗装やワックスを使わないフローリングで、子供や赤ちゃんが呼吸する位置の空気を安全にしています。


「幻の漆喰」はウイルスを不活性化するだけではなく、化学物質や臭い、花粉までを吸着分解します。新築されて住まれてから空気の爽快感に驚かれますが、新築から2~3年経った後に新築の時の木の香りが持続していることで、その効果を実感されています。

消臭剤や芳香剤を使う必要はない家です。


コージーベースの建物は築3年を経過しましたが、訪れる方が木の香りに驚かれています。


家の価値の違いは健康でも表れてきます。

空気がうまい家に住まれてから、アドピーが治っていく、ぜん息の数値が下がって薬を飲まなくて良くなった。基礎体温が上がっている。目のチカチカや充血がしない。花粉シーズンで空気清浄機を使わなくなった。 全国各地の空気がうまい家や、空気がうまい保育園で、様々な朗報を頂いています。


≪写真:空気がうまい家≫

空気がうまい家®に住むとアドピーが治っている事例が沢山あります。


空気がうまい家
アドピーの原因は室内の空気が影響しています

空気がうまい家
子供の体は正直に反応しています

3.11カ月で人の細胞は入れ替わる

人体の細胞更新速度(Cell update rate of the human body)

人体は、1日で1兆個もの細胞を入れ替えています。不要になった細胞は死んで、その近辺の元気な細胞を細胞分裂させて2個にし、その一つを失った細胞に入れ替えて成長させます。人体の細胞の数は、約60兆個で、単純計算すれば、毎日1兆個の細胞が入れ替わり、1ヶ月で30兆個、2ヶ月で60兆個が新しい細胞になっていきます。


肌    :10歳代で約 20日周期、

      20歳代で約 28日周期、

      30歳代で約 40日周期、

      40歳代で約 55日周期、

      50歳代で約 75日周期、

      60歳代で約100日周期で全て入れ替わる。


4.消臭剤・芳香剤を使わない

消臭剤は化学物質を気化することで、臭いの原因物質を臭わない化学物質に変えています。

臭いは無くなる効果があっても、気化した化学物質は室内空間に存在しております。 消臭剤芳香剤は、化学物質の液体を空気中に散布している装置だという認識が必要です。


微量の化学物質を吸ったから直ちに体への影響はないから安心ではなく、人体に影響がある遅効性の毒物であって時間を掛けて体への影響が出て来ます。

芳香剤の化学物質は国が管理している!?...これも間違った認識です。

芳香剤や消臭剤は、「家庭用品品質表示法」や「薬事法」の対象外であるため、製品表示に関する法的な規制はありません。

化学物質によってアレルギー反応を起こしてしまう方が国内に成人だけで70万人、子供を含めれば100万人はいると言われております。


ご家族の健康を考えると、消臭剤や芳香剤は使わないことです。


コージーベースの〝空気がうまい家〟は、幻の漆喰が臭いや化学物質を吸着分解し、音響熟成木材の木の香りが家の空気です。


5.松山市役所ホームページ 〝香料自粛の周知〟 

「松山市でも「香料自粛」を呼びかけるポスターの掲示や啓発をしてほしい。

特に子どもが一日の大半を過ごす学校での対策をお願いしたい。」というメールがあって掲示が行われていました。

  (松山市役所:わがまちメール 香料自粛の周知

    https://www.city.matsuyama.ehime.jp/wagamachi/detail/2366.html


松山市役所の香料自粛のポスターです。

香料によってぜん息の症状が発生していることが記載されている通り、ぜん息は化学物質過敏症の症状でもあるとお判り頂けます。


6.ニュース映像
空気のデトックス:化学物質過敏症/上岡みやえ

医師が行った疫学調査によると1000万人が化学物質。

化学物質過敏症を診断できる医師は日本に10人しかいません。

ほとんの方は、アレルギー、アドピーと診断されています。

吸った空気は60秒で体内を一周します。


毎日放送NEWS公式ニュース「香害」
人工的な香りで体調不良...~広がる「香害」

「香害」第2弾 国や企業の対応は・・・