• cozybase

木の家を買って健康被害に遭わない基礎知識【愛媛松山の新築注文住宅】

無垢材だから安心、木の家だから安心、大手ハウスメーカーだから安心と思って家を建てられた方が健康被害に遭って娘さんが寝たきりになりました。ハウスメーカーは床の張替えと換気扇を付けてくれましたが、娘さんは大人になっても寝たきりになったまま。薬もない、治らない恐ろしい病気が化学物質過敏症です。


「木の家」の違いについて広く伝えて欲しいと言われているので、今回は木材について詳しく書きます。


木の家を買って健康被害に遭わない
木の家を買って健康被害に遭わない



木の家を買って健康被害に遭わない基礎知識【愛媛松山の新築注文住宅】


〈目次〉


1.新築住宅で有害物質を使用し続ける日本

2.放射能に似た健康被害を与える見えない物質

3.住宅の化学物質が人の健康に与える影響

4.外材は木材防腐防虫剤入り

5.国産の木材だから安全というのは思い込み

6.地元産の木材だから安全という誤認

7.愛媛県松山市で木の家を選ぶ発注方法



1.新築住宅で有害物質を使用し続ける日本

化学物質が安全で適正な量で扱われているかと言うと日本の住宅事情はそうでない。事前審査もないままに発がん物資や発達障害に影響する化学物質を住宅の建材に使用し続けています。


海外はどうかと言うと、、、


例えば米国ですが、米国内の法規制『米国有害物質規制法(TSCA)』にて製品に使用する化学物質が事前審査制度によって管理されています。しかし、輸出目的の製品については製造前届出の対象外となっています。したがって、日本に輸入される木材についても有害物質審査の対象外です。


EUにおいても化学物質の事前審査制度にて完全届出です。一事業者当たり年間1トン以上(累積5トン以上)の場合生産量、用途、毒性試験データ(急性毒性、変異原性、28日間反復投与毒性、生態毒性)等を含む届出を市場に出す60日前までに提出が必要とされています。製品が出荷されてからもモニタリングされ続けて、健康被害が認められると、「EU指令」の法律により製造中止、販売中止にしています。


2.放射能に似た健康被害を与える見えない物質

化学物質は吸い続けると遅効的に健康被害を与える物質です。ある方は家を買われて7年目にして健康被害が出て、9年目に毒ガスマスクなしでは外出が出来なくなりました。 家に放射能があるのと同じように遅効的に健康被害に影響を及ぼします。放射能の測定でガイガーカウンターがあるように化学物質の簡易測定器は市販されています。普通の家では一生吸い続けても健康に被害がないとされる暫定基準の暫定目標値 400μ/㎥を2倍、3倍超えるケースも普通にあります。


住宅建材メーカーが有害化学物質を使い続けるのは、健康被害を与える加害者が特定されないからです。健康被害を訴えても法的に製造中止や販売中止も行わない珍しい先進国が日本の化学物質規制。行政の回答は〈化学物質は解明できない部分があり原因特定が難しい〉と、どの自治体の説明も厚生労働省と同じ言葉になっています。要するに100人が吸って100人が死なないと解明できないと言っている状態です。



映画「MINAMATA」

水俣病の事例は後世に大きな影響を与えています。あらためて「MINMATA」という映画が放送されるようになりました。水俣病の訴訟は企業責任を行政が守る慣例を作った事例と言えます。水俣病を起こしたチッソが、名前を変えて芳香剤で化学物質を住環境に放出し、化学物質を使用した住宅を日本で一番売っています。


3.住宅の化学物質が人の健康に与える影響

化学物質は目に見えない毒性で、放射能と同じように見えないまま人体に影響を与え続けます。化学物質による健康被害は症状が出る人、出ない人がいます、多くの方は、うつ病と似た症状や発達障害を引き起こしたり、ガンになったり、普通の人はそれが家などから発する化学物質が影響するとは思っていません。

裁判で化学物質の影響が認められても、いまなお製造を続けているのが日本の現状です。


夏場の屋根の温度は80度近くの高温になり、木材や建材から化学物質の放出を加速させます。冬場は暖房によって熱せられて締め切った室内の化学物質濃度を上昇させます。



4.外材は木材防腐防虫剤入り

外国の輸入木材について、「外材は日本の気候風土に合わず腐敗しやすい」という説明が一般的に多いですが、そんなに簡単な問題ではありません。 外材は船舶輸送段階で腐らないように防蟻処理と外来虫の国内拡散防止のため木材に化学物質を注入する防虫処理を行っています。高級住宅の大手ハウスメーカーや、ツーバーフォーの家を選べばほぼ使用される木材はほぼ外材です。

製品について有害物質使用の事前申請を行わない日本においては大手ハウスメーカーだから安心ということは無いのです。



事実誤認を起こすイメージCM

日本の山をTVCMで流して、国産材を使っているようにイメージさせている企業もある。印象操作であって外材比率90%以上が実態です。



5.国産の木材だから安全というのは思い込み

国産材も木材防腐防虫剤入りのKD木材と呼ばれる化学物質を添加した木材がほぼ全てです。山から切った木材を乾燥させるために釜で炊いて急速に水分を抜きます。その際に木材の虫が嫌がる油脂成分が水と一緒に抜け出るため木材がシロアリに弱くなります。

そのため、木材の乾燥過程で木材に防腐と防虫剤の化学物質を木材に注入しています。

上記1項に前記していますが、日本ではその化学物質を使って健康に問題がないか事前に調べて届出をして使う法的規制が日本にはありません。新生児への発達障害を化学物質が何の規制もなく平気で使えています。化学物質を添加されているKD木材を“無垢”などと言って販売しています。


(写真左)KD木材  (写真右)音響熟成された無垢のままの木材

(左)化学物質添加のKD木材 (右)音響熟成木材
(左)化学物質添加のKD木材 (右)音響熟成木材


6.地元産の木材だから安全という誤認

木材が県産品だからと言って安全と思いこむのは危険。木材に鮮度など必要ないから野菜と同じ価値の扱いではありません。木材防腐防虫剤が注入された木材が流通のほぼ全てで、やっている化学物質添加は外材と変わらないのです。


○○産の杉ですよ、ヒノキですよー!と言われても、商品に魅力的な価値はありません。

何が良いのか?分からないままブランド価値化しようとしているだけの話しです。

本当に良い木材であれば、家に補助金を付けなくとも売れていきます。



7.愛媛県松山市で木の家を選ぶ発注方法

健康被害を受けないための木の家の選択肢は木材の産地ではなく、乾燥方法にあります。


木材の乾燥方式は2通りあります。

ひとつは、木材を釜にいれて水分を飛ばすKD木材。もうひとつは、強制乾燥させない自然乾燥のAD木材。家を見積もってもらう時に何も言わなければ安いKD木材や外材を使用した家が建つことになります。

健康な木の家をご希望の方は、家の木材をすべてAD木材にするように指定すると良いでしょう。フローリング材やカウンター材などの棚板に至るまで装無添加・無塗装・ノーワックスの無垢の木材を指定すると、生涯に渡って住む家の健康が担保されます。



≪ご参考≫
ある大手ハウスメーカーのショールームでは国産材の産地を選択で指定できます。
健康を守るためには産地よりも木材の乾燥方法ですので、木材の産地指定はあまり意味が無い選択です。


 

≪記事執筆者≫

コージーベース株式会社

代表取締役 松本好司

松山市生まれ。富士通に在職中は社長表彰をはじめ26年間で28回の経営表彰を授与。

その後、広島県庁の特別職として経営企画アドバイザー、国の研究機関のプロジェクトマネジメントアドバイザー、公立大学の経営大学院(MBA)の新設などの公的職務を歴任。

その後、建築学科がある学校法人の顧問、専門委員などに就任し、科学的知見をもって健康で安心な保育園の設置アドバイザー、健康自然素材の健康住宅の事業を行っています。


愛媛県で新築注文住宅をご検討の方、漆喰と無垢の家についてお知りになりたい方は、いつでもお気軽にお電話ください。約2時間あれば、簡単に一通りのご説明は出来ます。

資料請求もホームページから承っております。




閲覧数:50回

関連記事

すべて表示
「木のお家」ギフトBOX

「木のお家」ギフトBOX

健康自然素材の暮らしが知りたい方へ