• cozybase

花粉症対策「幻の漆喰」で建てる木の家

更新日:6日前

コージーベースの家では、全室「幻の漆喰®」の塗り壁が標準仕様です。

数多くある漆喰のなかで、幻の漆喰は花粉の原因となる花粉アレルゲンを93~98%分解することが証明された漆喰です。


「幻の漆喰®」にお住まいの方が花粉症が良くなった報告が多く、このことについて日本花粉学会で効果を証明する研究成果が発表されています。 花粉シーズンにコージーベースにお越し頂きますと、実際に体感できるレベルです。


これから家をご検討の方や、リフォームされる方にもおススメです。


幻の漆喰は、花粉症の原因物質を吸着分解します
花粉症が軽減される幻の漆喰

~ 幻の漆喰®について ~ (一般に知られている光触媒とは別物です)


近年、石灰をボンドで固めて漆喰として説明して売られている商品がほとんどです。ホンモノの漆喰のことを〝本漆喰〟と呼ばなくてはいけない世の中になっています。 幻の漆喰は、有明海に生息する赤貝の殻を焼いた焼成カルシウムに、銀杏草を煮てつくる糊、麻のスサと無菌水を混ぜ合わせ、光熱触媒の技術で生成された〝本漆喰〟です。


ホンモノの漆喰は塗るのが難しいので、左官職人さんでしか塗ることは困難です。

また、下地を塗ったり、乾かすまで工期はひと月かかります。

光が当たるか、+3℃以上の熱でも効果を発揮する効果があります。光が当たらないお部屋や押入れの中においても臭いを分解する効果を発揮します。



~ 記者発表資料 ~  花粉症研究の第一人者である埼玉大学大学院の王青躍教授の研究結果として、2018年9月に三重県で開催された日本花粉学会において、「幻の漆喰®」及び「PCW®」の2商品について「花粉症の原因物質となる花粉アレルゲン濃度の低減効果」が発表され、学術的にも高い評価を受けました。


[多くのメディアに記事掲載されています]


■新聞

・2018/10/23 西日本新聞

・2018/10/13 南日本新聞

・2018/10/17 鹿児島建設新聞

・2018/10/19 タイムス住宅新聞(沖縄)

     

■TV・ラジオ

・FM鹿児島 10/22(月)8:40~ 「朝カフェ」 王教授インタビュー


・KTS鹿児島テレビ

2018/10/19(金)かごニューマルシェ  


・KYT鹿児島読売テレビ

2018/10/29(月)サテスタ情報 10:25~10:30 ※番組内で60秒




★当社のこだわり

こだわり抜いた健康素材でつくる空気がうまい家

大手ハウスメーカーでも、地域の工務店でも真似ができない健康な木の家を建てています。


コージ―ベースにて、"健康な空気の違い"をお確かめ頂けます。 当社は商品に自信が有りますので、押しかけ営業は一切しません。 愛媛県で新築をご検討の方、家について本当の事をお知りになりたい方は、いつでもお電話にてご予約ください。約2時間あれば、簡単に一通りのご説明は出来ます。

資料請求もホームページから承っております。


(施工エリア)

愛媛県 松山市 今治市 宇和島市 大洲市 東温市 伊予市 松前町 砥部町 内子 鬼北町 西予市 西条市 八幡浜 新居浜市


≪記事執筆者≫


コージーベース株式会社

代表取締役 松本好司


愛媛県松山市生まれ。

富士通に在職中は社長表彰をはじめ26年間で28回の経営表彰を授与。

その後、広島県庁の特別職として経営企画アドバイザー、国の研究機関のプロジェクトマネジメントアドバイザー、公立大学の経営大学院(MBA)の新設などの公的職務を歴任。

その後、建築学科がある学校法人の顧問、専門委員などに就任し、科学的知見をもって健康で安心な保育園の設置アドバイザー、健康自然素材の健康住宅の事業を行っています。


(施工エリア)松山市 伊予市 松前町 砥部町 東温市 今治市 西条市 内子町 大洲市 八幡浜市 鬼北町 西予市 宇和島市





30回の閲覧