子供たちが反論しました


放送のウラ話というか、事実はこうです...私が交代した理由を聞いてください。


前回の取材と同じように、私が漆喰のクサイ話ししか言わないもので...


収録風景を見ている子供たち、「どっ白け」 でも、私は、、、


クサイ、クサイと鼻をつまんで家から飛び出してクルマに避難された子供の前で、よい家ですよー!なんて、とても言えない。カメラまわっているとき、ずっーと子供の視線を感じていますから、、、


子供たちはエアコンもない真夏の熱い室内に入って、テーブルに座って、取材ずっーと見ています。あの時の塗りたての漆喰の臭さをTVで私が言わないと、大人はウソつき!って子供たちに思われそうでした。 でも、ほんとうにホンモノの漆喰って塗ったときは、気絶するほどクサイんです! 私がクサイしか言わないもんで、まっすんからは三流芸人と言われたんです、、、


その一方で、こんなのTVで見ても、ぜんぜんオモシロくないねぇー、みたいな目で子供たちがテーブルに座っているように見えました。


まっすんが、テーブルの子供に話しかけると、、、子供の顔が活き活きしてきて、、、


どうもテレビに出たいみたいなのが、子供の顔の変化を見ていて分かったんです。


いつ、TVに映るか、話しかけられるのをテーブルに座って見ていたんですねー


子供たちにTVに出たいかい?とまっすんが聞くと、出たーーーい!というもんで、、、 三流芸人の私は降板して、いつしか私は子供たちへのインタビューを見学する側になっていました。


子供たちは撮影見学を、、、取材されると期待していたんですねー (いまの小学生、なかなかです!)

上棟式から完成するまで、ずっーと見学をされていた子供たちから、子供の目線で見ていた、この家の良さを教えて頂いた取材となりました。


アドリブなし、撮り直しなし、一発収録のまっすんの突然の質問インタビューに答える能力はスゴイと思いました。(私は何時も詰まりますが、そのまま放送されています)


私がクサイとしか言っていないのに対し、子供たちから見たこの家の良さを伝えてくれて嬉しかったです。


子供たちって、家をこうやって見ているんだー、と、見ていてとても勉強になりました。

上棟式でお父さんが建ってくれた1番柱、パパが建ててくれた柱と覚えていてくれます。 神社様の鎮め物も鎮めてくたり、工事中の木の香りを嗅ぎに来たり、銀ギラギンのアルミに包まれた宇宙ステーションのような状態の家を見に来てくれたり、ステップストーンの柄や、タイルの柄を選んで頂いたり、家づくりをずっーと見ていました。 最後はTVに出て話したりして、生涯忘れられない思い出がたっぷり詰まった家をお引き渡しすることが出来ます。


今年は短い夏休みでしたが、大きな思い出が残った夏休みになったと思います。


やがて、この子供たちも大人になって、家を建てる日が来ます。その時の勉強は、たっぷりされていたように思いました。


塗りたての漆喰の臭いを忘れられないで、語り継いでくれると嬉しいです。


家づくりって、ほんとうに楽しいですねー!


一緒に考えながら、一緒に悩みながら、一緒に楽しみながら、やっていきます。 店主敬白


こちらは、ウイークリーえひめリック』の真面目な広告です。

↓↓↓



CozyBASE

〒790-0042  愛媛県松山市保免中1-2-9 map

※建物奥に駐車場があります

Copyright ©2020 CozyBASE All Rights Reserved.「コージーベース / COZYBASE」は、コージーベース株式会社の登録商標です。