新築住宅・リフォーム

 

京都の町家で暮らす

仕様

空気がうまい家 新築古民家 京都の町家仕様

構造

1階、2階吹き抜け

所在地

松山市H邸

完成年

2020年

きっかけ

母屋の隣りの敷地に2世帯用の増築をお考えでしたが、空気がうまい家®を知って頂いて新築をして頂くことになりました。
毎日お孫様が遊びに来てくれる健康な空気で落ち着いた空間をデザインしています。

特長

1階の奥にまで2階の南面の採光を届けるため階段の吹抜けを作り、京都の町家のような間取りで採光をとる工夫をしました。
玄関を入ったときに見えるスケルトンの階段の垂木の太さ、おやじ柱、オビ杉の赤身4寸柱、なにをとっても圧倒的な凄さです。

タカラホーローのキッチンも最高級グレード、なおかつ天然石93%クオーツ入りのフラット天板が鎮座しております。
家自体が高級キッチンに負けていないので、高級キッチンだけが浮いてしまうようなことは有りません。

1階の和室は畳の中に手作業で竹炭をたっぷり入れ込んだ〝竹炭入り清活畳®〟、縁なし琉球畳が軽やかな和モダンを演出しています。2階の全体が吹抜けがある家はコージーベースの特長であり、その解放感は特別なものがあります。

2階の欄間は昔の家を壊された時にとっておいた欄間を再利用しております。この欄間は濃い飴色に輝いていますが、この家全体の音響熟成®木材も時代の経過とともに欄間の飴色に追いついていくことでしょう。

動画

『まっすんの陽あたり良好』のTV放送の番組で紹介されました。 

2020年3月14日放送分

 

森の中に暮らす平屋2階建て

仕様

空気がうまい家 新築古民家 平屋2階建て仕様

構造

すべてのお部屋が吹き抜け

所在地

砥部町S邸

完成年

2019年

きっかけ

大手ハウスメーカーから工務店まで30社近くを回って家づくりについて勉強をされていました。
空気がうまい家®を知ってから家に関する価値観が変わり、宿泊体験&工場見学をして頂きご購入を決断されました。
完成した家は、まるで森のなかで生活している爽やかな空気を感じ、子供たちを安心して育てられる家とご満足を頂いております。
「この家でなければ、私は家を建てなかった」と、言って頂いております。

特長

建物正面から見て頂くと平屋に見える作りです。平屋の良さである平面移動で生活できる構造と間取りにしています。
お子様が大人になって家を出られてからも家に泊まりに来れる、車が置けるスペースも考えた将来設計も組み込んでいます。

玄関の扉を開けると甘い木の香りが漂い玄関が吹抜けになっています。その次の扉を開けると更に2階屋根までが吹抜けとなっているので、その解放感は圧巻です。職人の技によって光と影の柔らかい波をデザインしました。
吹抜け壁の幻の漆喰®は白くなり続けるので、汚れてお掃除をされることは、ほぼないと思います。

同じ木の家でも使っている木の量が半端ではなかったと、こんなに家に木材が入るのかと、ご近所の方が何人もご見学にお越しを頂きました。天井の屋根板から床材、クローゼットや全ての棚や扉に至るまで、音響熟成®木材を使っているのがコージーベースの特長です。

音響熟成®木材のお風呂だけは外せないと!、ご主人様唯一のご要望で一番喜んでいらっしゃるのは奥様。水を掛けるだけで掃除が楽で、ご両親が何度も温泉代わりにお風呂に入りに来られる親孝行の家となりました。お子様の成長を楽しみにしています。

動画

『まっすんの陽あたり良好』のTV放送の番組で紹介されました。

2019年11月2日放送分

2020年3月7日放送分

 

大正浪漫な洋館

仕様

空気がうまい家 新築古民家 洋館仕様

構造

天井が高い総2階

所在地

松山市N邸

完成年

2020年

きっかけ

お届けした書類やカタログが木の香りだったことがきっかけです。
ご家族で宿泊体験&工場見学をして頂き、帰路にご宿泊された旅館よりも快適だったとご購入を決めて頂きました。

特長

土地は東南角地、3方向が道路に面した陽当りと風通しの良い好条件の土地を活かした設計をしました。
木の家、洋風がご希望でしたので、大正浪漫を感じる和モダンをコンセプトに組み立てました。

和と洋の融合は玄関アプローチから始まり、足元にはイタリア製のモダンなタイルを使用し、軒下を見上げると音響熟成®木材で和の現し、このドアの先にある空間がハイカラながらも詫び錆びの品格で表現しています。

玄関の扉を開けると甘い木の香りが漂い、正面のデザイン板ガラスが静かで穏やかに輝きながらご家族をお迎えします。

室内の扉を開けるとおやじ柱が鎮座し、広々としたワンルームのリビングダイニングになっています。
広い総2階ゆえに1階の天井全体を思いっ切り高くとって、家全体の広さと解放感を格段に向上しています。

総2階なのに吹抜けがある家???
2階に吹抜けがあるのがコージーベースの特長であり、中央部の天井の高さは3m、ロフト吹抜け部3.7mの天井高になっています。階段を上がった中央部は読書やお勉強、趣味の場として多目的に使えるオープンスペースの第2リビングになっています。

解放感ある空間で優雅な生活、音響熟成®木材の杉お風呂に浸かって心身ともに豊かな暮らしをお過ごしください。

動画

『まっすんの陽あたり良好』のTV放送の番組で紹介されました。

2020年8月1日放送分

2020年9月12日放送分

 

四季に花咲く石積み庭園のある暮らし

仕様

空気がうまい家

構造

フルリフォーム

所在地

八幡浜市H邸

完成年

2021年4月

きっかけ

マイフォームフェスタにご来場を頂き、空気がうまい家®の空気の違いをご体感して頂きました。娘さんがこの家に住みたいと言って頂き、工事中のご見学や、完成見学会に何度も足を運んで頂きました。
モデルルーム付き工場見学と宿泊体験をして頂き、ご家族みんなでこの家以外は考えられないというご判断をして頂きました。新築の予定で進めていましたが、道路幅の関係で新築が不可能であったため、現状の建物の土台や柱などの構造部分を残して解体を行いフルリフォームしました。空気が健康な家に住んで、家族の健康を守る想いをしっかり受け止めて建設をしました。
「家族が家の話しをすると必ずコージーベースにして良かった」という話しになるんですよ。と言って頂き、この上なく嬉しく思っています。

特長

『石積み庭園を眺めながら自然とともに暮らす心地よさ


「家庭」という言葉の通り家と庭が一体化した自然との調和で家族の一体化をデザインしました。その場所で暮らして来られた先祖代々が積み上げて来た石積みの城壁を次の世代に受け継いていく悠久の美。
縁側に座ると悠久の美を音と目で感じように山水の滴が静かに滴るように石臼を置いています。その石臼はやがて、山水で苔が蒸して時間を奏でていきます。
リビング室内の窓からは額に入った絵のように石積み庭園の風情が目に入ります。
休日の日には、リビングから縁側で一杯のお茶を飲むことが幸せな家にしました。


自然の心地よさを室内でも感じる「空気がうまい家®」。何時までも優しく迎えてくれる我が家の木の香り。
毎日、音響熟成®木材の杉風呂に浸かる心地良い生活。
家族が健康で心も体も喜ぶコージーベースな暮らしです。

動画

『まっすんの陽あたり良好』のTV放送の番組で紹介されました。

2021年4月3日放送分

 

ハワイ島にあるリゾートな暮らし

仕様

空気がうまい家 平屋

構造

全室吹き抜け

所在地